MENUを開く

photo

今や最も次回作が期待される映画監督の1人として、日本のエンターテイメント界を牽引する福田雄一。その最新作は、誰もが一度は目や耳にしたことがある超有名歴史エンターテイメント「三國志」。「三國志」とは、今からおよそ1800年前、西暦200年頃の中国・後漢の時代を舞台に、魏・蜀・呉の3国が覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物の名称です。中華統一を目指す、一癖も二癖もある個性豊かで魅力的なキャラクターが登場することから、日本でも小説や漫画、ゲームなど多くのコンテンツが作られ多くのファンを魅了してきました。ただ、この「三國志」で語られる逸話の中には、現実味にかける話や解き明かされていない謎も数多く存在し、読み手によってさまざまな解釈が存在します。  「諸説あり。」  これは、我々人類が歴史を語る際に必ずと言っていいほど出会う言葉です。「三國志」にも当然、それぞれの諸説、そして“解釈”がある。超有名歴史エンターテイメント「三國志」を「銀魂」「今日から俺は!!」、「勇者ヨシヒコ」シリーズなど、コメディ界屈指のヒットメーカーとして活躍の場を広げる福田雄一監督が“福田流の解釈”で完全オリジナル実写映画化。それが『新解釈・三國志』です。

福田流・三國志の主人公は、仁徳と義を重んじる「蜀」の武将・劉備。その劉備を演じるのは、『駈込み女と駆出し男』(2015)で第58回ブルーリボン賞「主演男優賞」を受賞、その後も『アイアムアヒーロー』(2016)、『探偵はBARにいる3』(2017)、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(2018)など数々のドラマ・映画に出演し、シリアスからコメディまで、その演技力で圧倒的な存在感を誇る名優・大泉洋。軽妙なトークでも幅広い年代から愛される大泉が、ファンを公言する福田監督からの「劉備が大泉さんでなければこの企画をやる必要はない」という熱烈なオファーを受け、満を持して福田監督映画に初参戦!群雄割拠の覇権争いが渦巻く中、多くの人々を惹きつけた人望の持ち主である蜀の武将・劉備を演じます。

photo

本作はキャスト陣も群雄割拠!
大泉演じる劉備が属する「蜀」国のメンバーは、稀代の天才軍師・孔明にムロツヨシ、公明の妻・黄夫人に橋本環奈、仁義に生きる武将・関羽に橋本さとし、超怪力の猛将・張飛に高橋努、忠義の若武者・趙雲に岩田剛典。【赤壁の戦い】で蜀と手を組む「呉」国のメンバーは、天下の最高司令官・周瑜に賀来賢人、周瑜の妻・小喬に山本美月、江東の覇者・孫権に岡田健史、周瑜を支える宿将・黄蓋に矢本悠馬、同じく周瑜を支える軍師・魯粛に半海一晃。【赤壁の戦い】で敵対する「魏」国の面々には、革命のジョーカー・曹操に小栗旬、曹操の参謀・荀彧に磯村勇斗、隻眼の将軍・夏侯惇に阿部進之介。そして三國の面々以外にも、絶世の舞姫・貂蝉に渡辺直美、黄天の逆賊・黄巾に山田孝之、三國志最強の鬼神・呂布に城田優、酒池肉林の暴君・董卓に佐藤二朗、さらにはストーリーテラーとして本作を盛り上げる語り部役に西田敏行。映画・ドラマ・演劇・パフォーマンス界から全才能が結集した超オールスターキャストが、夢の競演を果たします。

photo

この壮大なプロジェクトを締めくくる主題歌には、福山雅治が書き下ろし楽曲「革命」と共に参戦。大泉が出演する作品の主題歌を担当するのは初である他、福田監督作品の主題歌を担当するのも初となる福山は、【「カッコいい楽曲を!」とのオファーをいただいたので、曲調はアップテンポのロックサウンド。歌詞では「さあ風となれ。私よ今、私に革命を起こせ。私だけが、私を変えられるのだと」と、三國志の世界観に触発され、いつになく熱い言葉が生まれてきました。『新解釈・三國志』における「男達の熱い部分」を勝手ながら担当させていただいたと思っております。】と語ります。

2020年 冬“福田雄一×オールスターズ”が全員集合!する時、1800年間だれも想像し得なかった、教科書になんて載っているはずがない、笑いと驚きに満ちた新たな解釈の三國志が、誕生します。
1 2 3
頁上へ